46-06

2種類の色をベースにして洋服を選んでいく

流行のものを無理して追いかけるのではなく、まずは自分らしいものを探してみるようにしましょう。仕事のスーツはいいけれど、普段着の選び方が至難、という男性も意外と多くいます。

好きなものを自分らしく組み合わせるだけで、個性の光る着こなしができるものです。黒ではきつすぎてします場合はベージュ系、ベージュではうとうとしてしまうと思ったら黒系が似合うタイプです。

ゴールドが似合う場合はブラウン系、シルバーが似合う人はブルー系を定番色とするといいでしょう。自分に似合う色はどんな色でしょうか?ファッションにおいて定番色とは、黒(グレー)系とベージュ系、ブラウン系、ブルー系の4種と言われています。

次に、黒系の洋服とベージュ系の洋服をあててみます。まずは、メタリックなゴールドまたはシルバーの時計を腕にはめてみて、どちらが自分の肌色に合うか比べてみましょう。

ここで分類された2種類の色をベースにして洋服を選んでいくと、カジュアルファッションも上手にまとめられるようになります。カジュアルファッションというと、メンズ雑誌に定期的に目を通し、流行に敏感でいなければならないと思われがちですが、本当はそんなに厄介ものではないのです。

一番入りやすいのが、色味から決めること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


関連記事


おすすめ記事